投稿日:

着物買取からの遺言

着物買取の前には必ず査定がありますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのかできるだけ有利に査定を進めたいならお店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。
思ったよりも安い査定額だった場合、その場で買取を決めず、他のところに持ち込むこともできるからです。
お店までの足がない、量が多いなどで持ち込みできないなら出張査定の料金がかからず査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。
いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。
着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。
いわゆる高級ブランドの着物でも汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと大幅に安くされるのが仕方ないと思ってください。
ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取できるかもしれません。
素人が決めるのは得策ではありません。
まず無料査定にかけてみるのが一番です。
中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく見かけるようになりました。
もとは高かったからと出し渋っていると、文化財のように保管でもしない限り、染料そのものの劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。
大事に保管してきたものは高額査定になる場合もありますから、思い切って早めに買い取ってもらうと良いでしょう。
着物買取の査定を受けるときにその着物や反物の証紙があると、とても有利です。
この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて明確に示している独自の登録商標を指します。
これを捨ててしまったりきちんと保管していない方もいますがないと自分が損をすると思いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。
着物など値の張るものを買取に出す際、値段が心配になりますよね。
古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。
ただ、中古着物の値段というのは、保管状態だけでなく、元々の品物の良さ、素材や汎用性(希少性)でも値付けが異なるので、ひと括りにできないところがあります。
もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。
和服専門の査定士を置く業者さんに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。
着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、点数自体が多いとか、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持っていくのに一苦労です。
どうしようかなと迷ったら、着物買取の訪問査定(買取)を利用すると便利です。
ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、業者が個々に定める分量に足りない場合は利用できないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。
一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱うところとそうでないところがあるので、持参する前にあらかじめ確認するのが確実で良いと思います。
また、着物買取を専門にした業者もあり、高値で買い取ってくれますから、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。
どこにあるか知らなくても、ウェブ検索で見つけられます。
手間をかけるだけの価値はあると思います。
着物買取の業者さんはみんな似ているような気がしますが、買取大手の「スピード買取.jp」という店は、ネット店舗ながらも、査定員の多さと迅速丁寧な対応が喜ばれています。
相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、24時間・年中無休で受け付けているので、暇を見ていつでも問い合わせできる点が嬉しいですね。
もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。
出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。
気軽に相談できますね。
さほど重さが気にならないのであれば、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。
訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、断って別の店を探すこともできます。
それに、直接顔を合わせることで、価格を交渉することもできます。
しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、見込みのありそうなお店に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。
たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯締めに帯揚げといった小物も買い取りを行うことが多いです。
とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。
襦袢を下着だとみるところが多く着用済みだとほとんど売れないからです。
例外もいくつかあります。
たとえば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなどうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。
まずは査定にかけることをすすめます。
ダメ人間のための着物買取ランキング【最新版】後悔しない着物買取業者選びのポイント