投稿日:

引っ越しによりいろいろな事務手続きが必要となってき

引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。
それらの中でも、特に大事なものと言えばやはり、自動車関連でしょう。
運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、しっかり手続きを行う人が多いのですが、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。
警察署で手続きができる書類ですから、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば何度も足を運ばずに済みますよ。
多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、気配りが必要なのは何といっても割れ物です。
一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。
安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。
包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、一個ずつ底から包むのが基本です。
包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、ぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。
持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。
引っ越しも一家で行おうとすると、結局は当日やらなければならないことが多く、朝から晩までの作業になることは必然ですから、あらかじめ終わらせておけることがあれば済ませておけば安心できます。
引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを忘れずにやっておいて、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは他の荷物と一緒にならないようにし、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。
引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの中で大事なのが自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。
写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。
転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。
住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を提出して、必要事項を書いて出せば記載事項変更は終わりです。
私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)がテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらい誰でも知っている事業になりました。
引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名である先入観がありました。
ところが、運送会社は近年、家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。
とりわけ、日通のように運送会社としても大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。
私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。
理由は進学や就職と様々ですが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。
そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと頑丈な荷物になります。
スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。
壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、妥協せず手に入れましょう。
段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。
数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、使わないものをまず梱包します。
引っ越し直前まで使う日用品を分けて、用途や種類で大まかに分け、詰めれば大丈夫です。
ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることでより片付けしやすくなるでしょう。
ライフライン関係も、転居の手続きがあります。
早め早めに進めていかなくてはなりません。
様々なものが身の周りにあふれている生活をしている方がいるとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは荷造りが終えられるかどうかです。
量の多さが途方もなく、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうともう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、引っ越しを一つのきっかけにして処分に専念すればその後の生活が変わっていくでしょう。
コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によってハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。
衣装ケースではなくダンボールを使用した場合はたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用すると様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。
新居に到着したら、開梱してハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。
どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。
初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。
引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。
そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。
もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば特に問題はありませんが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。
余裕を持った計画を立てれば、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。